diary / home design / shop & office

2020.12.24 | 

山田アトリエ様アトリエ新築工事 完成!

6月から始まった山田アトリエ様 アトリエ新築工事
先週末 お引渡しさせていただきました。


35坪の住居スペースも兼ねたアトリエになります。
1階はお客様との商談スペースを兼ねたギャラリー
床はオーク材 壁は白い塗壁で仕上げたシンプルな空間
これからこの壁に沢山の風景画、肖像画が飾られていきます。

天井までの大きな本棚やカウンターも製作させていただきました。

鉄製階段を上がると2階は作業スペースになります。
未使用のキャンパスなどの画材が収納できるよう工夫して
ベンチ収納などの家具も製作させていただきました。

勾配天井の広々とした作業スペース。
絵を乾かすことができるよう 大きなバルコニーも併設されています。

こちらは様々なサイズのキャンパスが収納できる棚
扉面には収納するキャンパスサイズに合った絵を飾ることができるよう
製作させていただきました。

沢山の絵を飾れるように壁面や収納棚を工夫して製作させていただきました。
この空間に『絵』が飾られていくのが楽しみです。


山田アトリエ様は三代続く肖像画家さんです。
現在は2代目のお父様と3代目の娘さんで運営されています。
お父様はフランスで修行を積み文部大臣賞など数々の賞を受賞する肖像画家
娘さんはそれを継承し、新しい形を取り入れながら多方面で活躍しています。

今回のアトリエ建築には2つの理由がありました。
一つは沢山の『絵』を沢山の人たちに見てもらいたいとの思い
もう一つは足の不自由なお母様が快適に過ごせる住居スペースを作りたい
そんな思いを娘さんご夫婦から聞き2年前から構想し進めてきました。

その住居スペースがこちらです。
キッチンはMORTEX 淡いピンクというかベージュというか
なんとも味のある色に仕上がったキッチンです。
高さは車椅子に合わせできるだけ使いやすいように製作
吊戸棚や食器棚は収納力を考え製作させていただきました。
壁は車椅子があたって傷になってしまっても
簡単に補修できるような仕上げになっています。


洗面カウンターやトイレも車椅子に合わせたサイズで製作

引っ越し後にお母様に生活しながら体感してもらい
必要な箇所に手摺を取り付けて行きます。

こちらはプライベートルーム
お母様が母国フランスの生まれ育った家で使われていた色を再現
白い天井に鮮やかですが落ち着いたブルーの壁
新鮮です。 お母様にも気に入っていただけと思います。

白い塗壁のシンプルな外観 玄関ドアはヒバ材で製作しました。

これでアトリエ工事は完成しいったん終了です。
来年にはこのアトリエの横にご自宅を建築させていただきます。
またこちらのブログでご紹介させてもらいます。

山田様工事へのご協力ご配慮ありがとうございました。
ご自宅も精一杯作っていきます。
引き続きよろしくお願いいたします。

森口明廣